新しいオープンソースEmbulkを発表1

2015年1月,Fluentd のコミッター(弊社エンジニア)が中心となった「Embulk」というOSSが公開されました。このツールは大規模なデータセットのバルクインポートを行えるデータ収集ツールの1つに大別されるものです。


(2014年総集編1)トレジャーデータとは

2014年は,トレジャーデータにとって大きな成長の年でした。また,Web,ゲーム,広告,IoT(Internet of Things:”モノ”のインターネット)など,非常に多種多様な業種との連携が…


トレジャーデータ管理コンソールからクエリを実行する

トレジャーデータにサインアップしていただいた全てのユーザーに対して、管理コンソールが用意されております。従来のコマンドラインベースでの操作に比べてこの管理コンソールは…


トレジャーデータのバッチクエリとアドホッククエリを理解する3:アドホッククエリ編

前回はバッチクエリを,外部のデータマートに定期的に書き出す前段の処理の役割として紹介しました。もちろん結果書き込みを…


トレジャーデータのバッチクエリとアドホッククエリを理解する2:バッチクエリ編

バッチ型はデイリーなどの特定の時間インターバルで処理を実行するもので,その場で結果が返ってくることを期待しておりません。


トレジャーデータのバッチクエリとアドホッククエリを理解する1

バッチ型もアドホック型も共にSQLライクのクエリによってデータ処理が可能になっています。大きな違いは,バッチクエリはデータソースに対して大規模な並列分散処理を行うのに…


(アップデート)ファイルのアップロード機能が改善されました。

今週のアップデートによって,トレジャーデータの管理コンソールからのファイルアップロードがよりわかりやすくなりましたのでご紹介します。


『Prestoとは何か,Prestoで何ができるか』

Hadoop Conference Japan 2014
以前に告知したHadoop Conference Japan 2014で,弊社Software Architectの古橋が発表しました。テーマは,Facebookが公開した…


(アップデート)トレジャーデータ紹介資料を更新しました。全てのデータエンスー達へ その3

Data Visualization は分析レイヤーの最後を担う重要な項目です。
データ可視化にも,データのフェーズに…


(アップデート)トレジャーデータ紹介資料を更新しました。全てのデータエンスー達へ その2

Data Processing / Data Mart
データ分析には,レポーティングのためのバッチ処理と必要な原因探索や新たな分析軸を…


(アップデート)トレジャーデータ紹介資料を更新しました。〜全てのデータエンスー達へ〜 その1

イントロダクション
Treasure Data Service はデータの収集(Data Collection)から可視化(Data Visualization)…


Treasure Data Service はどのようなケースに向いているか?

前回は Treasure Data Service が生データストレージにあげられているという前提(つまりTreasure Data Service を利用している前提)で,それとBIなどのフロントエンドを…


Treasure Data Service と Redshift のハイブリッドアーキテクチャ

Treasure Data Service はそれ自身がデータの収集から可視化までの一気通貫したサービスですが,他の様々なサービスと連携することによって各々の分析ニーズにマッチした…


Treasure Data Platform で始めるデータ分析入門 〜8. Data Visualization Patterns 〜 Part.3

本日は「8. Data Visulization Patterns」の全 3 回続く第 3 回目の紹介です。
2. Table Visualization(続き)