*トレジャーデータはデータ収集、保存、分析のためのエンドツーエンドでサポートされたクラウドサービスです。

2014年05月20日のTreasure Release Note にて,Treasureの管理コンソールでデータインポートが簡単に行える機能が実装されました。

Treasure Data Service のデータインポート方法

現在のTreasure Data Serviceでは,以下の4つのインポート方法を備えております。

  1. td-agent ( Fluentd ) によるストリーミングアップロード, ドキュメント
  2. Bulk Import による大規模データの並列アップロード, ドキュメント
  3. one-time によるコマンドラインからの簡易アップロード, ドキュメント
  4. New!  管理コンソールのウィザード形式でのアップロード

Treasure Console からのファイルアップロード

コンソール画面にログインしますと,左メニューに「Import Datae」ボタンが追加されました。

もしサインアップがまだでしたらこちらを元にフリーユーザーアカウントを取得します。

インポートページでは先ほど紹介した方法に加えて,SDK向けの埋め込みタグなどがリストアップされています。

将来的にSDKを通じてログの収集を行いたい場合は,ソースとなるデバイスおよび環境(Javascript, Unityなど)を選択します。弊社の開発が進み利用可能になった時点で通知します。

今回手軽にファイルをアップロードできる手段がこの「File Upload」です。ローカルのCSV/TSVファイルはここから簡単に行えます。

ここにサンプルCSVファイルを置いておきますので,実際にアップロードを試してみて下さい。Login ログの分析方法は紹介済です:

Login(アクセス)ログからわかる12の指標 その1 – Treasure Data JP 公式ブログ

サンプルファイル: login.csv

アップロードしたファイルの内容を表示してくれます。1行目をヘッダーにするか否か,CSVかTSVかを適宜変更します。

2nd ステップではTreasure Cloundに格納するための設定します。保存先のデータベース,テーブルを新規作成または選択します。この時に各カラムの型を定義(スキーマを定義)することで,データ処理のパフォーマンスが上がりますのでここで設定しておくことが重要です。

アップロード進捗バーが満タンになると「Finalize Import」で,過去のアップロードファイルの情報とステータスを表示されます。

トレジャーデータに関するお問い合わせは support@treasure-data.com まで。