(アップデート)ダッシュボード Metric Insights がより精錬されたUIに - Arm Treasure Data

*トレジャーデータはデータ収集、保存、分析のためのエンドツーエンドでサポートされたクラウドサービスです。

トレジャーデータのOEM提供するMetric Insights が大幅にアップデートされましたので改めて紹介します。

過去の紹介記事はこちらです。

Treasure Data Platform で始めるデータ分析入門 〜7. Data Visualization 〜 Metric Insights – Treasure Data JP 公式ブログ

前回の紹介記事と見比べてみれば自明ですが,精錬したユーザーインターフェースに変わりました。

特徴

Metric Insightsの特徴はまず,全体構成が1つ1つの独立したウィジェットで構成されていることです。各々のウィジェットには設定ボタンがあり,そこに

  • データソース(Treasure Service, My SQL, No SQL, Salesforce, etc…)を設定
  • 指定したデータソース内のデータベースを設定
  • 集計インターバルを設定(デイリー,マンスリー,etc…)
  • チャートタイプを設定(折れ線・棒・円グラフ,バブルチャート,etc…)
  • カテゴリを設定

を記述することで,あらゆる集計結果のチャートおよびテーブルを一覧することが可能になります。

トレジャーデータはもちろん,様々なデータソースからの集計結果を1つのダッシュボード上に集約表示できるのが Metric Insights の素晴らしいメリットです。

さらに指定したデータソース(ここではトレジャーデータを指定したとします)について,様々なデータベースからの集計結果を指定したチャートで表示することが可能です。

トレジャーデータとの親和性

さて,Metric Insights がトレジャーデータと親和性に優れているところに,

  • コマンドラインではなくWeb(Metric Insights) 上から,クエリの記述やインターバルの設定が可能になる。
  • トレジャーデータが得意とする時系列データに対して折れ線チャートと統計情報など,時系列データに特化した表現が Metric Insights 上で実現できる。
  • バックエンドのインフラを気にすること無く,マネージャーなども簡単にビッグデータを扱える。

というところがあげられます。

各ウィジェットの設定画面より,直接トレジャーデータへの集計クエリを記述することが可能で,設定後は Metric Insights が指定した時間インターバルで実行し,ウィジェットを更新してくれます。

チャートタイプ

利用できるチャートタイプもかなり豊富になりました。

折れ線チャート・棒グラフ

時系列データに特化した表現方法に折れ線チャートと棒グラフがあります。時系列に対応したMetric Insights のチャートについては,移動平均や,特定の閾値を超えたときのアラーティング機能やアノテーション機能などの便利な機能を持っています。

パイチャート

Boxプロット

チャート + レポート機能

さらに Metric Insights ではチャートウィジェットの他にレポートウィジェットも作成可能です。前者と後者の違いは,チャートウィジェットは基本的に

  • 時系列データのみに対して,
  • 折れ線チャート・棒グラフのみ利用可能

てあったのに対して,レポートウィジェットは

  • 時系列に限らずあらゆるデータを指定可能で,
  • さらにデータテーブルと組み合わせることが可能で,
  • 複数のチャートウィジェットを統合して表示できる

というメリットがあります。

レポート with バブルチャート

レポート with 折れ線×プロット

レポート with ファンネルチャート

アドホックレポート with js Library

Metric Insights に関するお問い合わせ,またはトレジャーデータに関するお問い合わせは  support@treasure-data.com まで。