(アップデート)ファイルのアップロード機能が改善されました。 - Arm Treasure Data

トレジャーデータはクラウドでデータマネージメントサービスを提供しています。

今週のアップデートによって,トレジャーデータの管理コンソールからのファイルアップロードがよりわかりやすくなりましたのでご紹介します。

ファイルアップロード

管理コンソールにログイン後,左メニューにある「Collect Data」→「File Upload」を選択します。

ファイル選択画面からはローカルのCSVファイルなどをドラッグまたはブラウズによって簡単にアップロードが行えます。また,過去にインポートしたファイル履歴も表示されるようになりました。

ファイル選択後は,それをどのデータベース・テーブルに格納するかを選択します。

ファイルがアップロードされると,カラム名とレコードのサンプルが表示されるようになります。この時点でカラム名の変更や型の選択が可能になりました。

バルクインポート・ストリーミングガイド

また,「Streaming」や「Bulk」のログ収集についてのガイドも管理コンソールから行われるようになりました。

Bulk メニューでは,インポートするファイルの形式を選択することで,その形式に準じたドキュメントへアクセスされます。Streaming メニューでも同様に,言語を指定する事で,その言語に準じたドキュメントへアクセスされるようになりました。

トレジャーデータに関するお問い合わせは support@treasure-data.com まで。