トレジャーデータが生きるベストフィットケース7: 3. 単調な定型レポーティング業務はもうたくさんだと思っている 〜その3〜 - Arm Treasure Data

トレジャーデータはクラウドでデータマネージメントサービスを提供しています。

トレジャーデータが生きるベストフィットケースを7つ紹介します。今回も,3.の続きを解説します。

トレジャーデータが生きるベストフィットケース7: 1. 何から始めればよいか迷って...
とりあえず分析と言われたけれど……近年のデータ分析の盛り上がりを受けて、会社の上司やクライアントから分析ニーズが…

トレジャーデータが生きるベストフィットケース7: 2. 現場から「即答」を求められる
データドリブンな組織では、デイリーのデータ分析レポートをベースに日々のディスカッションが行われています。


3. 単調な定型レポーティング業務はもうたくさんだと思っている

毎月の定型レポーティング作りは,次のような負担がありました。

  1. 集計されたデータを Excelなどでピボットテーブルにかけるステップがある。
  2. 最終アウトプットが ExcelまたはPower Pointであるために,集計結果をローカルに集めてこなこなければならない。
  3. 集計結果のソースが異なるために,それぞれ別のアクセス方法でデータにアクセスし,取得してこなければならない。
  4. Google AnalyticsやBIといった統一的レポーティング機能をもつツールは使っているが,個々のレポーティングにアクセス,ダウンロード,張り付けをしなければならない。

4. の個々のページで表示されるデータやレポートへのアクセス,ダウンロードを簡略化するために,BIとしてTableauを導入することが考えられます。

Tableau Server

Tableauは,1つの大きなホワイトボードにさまざまなテーブルやチャートを載せられる「ダッシュボード」機能に加え,そのダッシュボードをさらに集約させることのできる「ストーリー」という機能をもっています。

Tableauは,多種多様なチャートパターンをもち,かつ直感的なマウスの操作に対応した BI ツールです。

Treasure Data Serviceは,次のようにTableauとの2通りの連携方法をもっており,とても相性のよいツールとなっています。

  • Tableau Desktopとのアドホック連携
  • Tableau ServerへのResult Push

前者は,Treasure Data ServiceのアドホッククエリーとTabeau Desktopを連携させることによって,Tableau DesktopからODBCドライバを通じて直接Treasure Data Serviceにつなぐことが可能となっています。Treasure Data Serviceのさまざまなアドホック集計がTabeauの直感的な操作のみでできます。

今回注目するのは後者の方で,Tableau Desktopを介することなく,Treasure Data ServiceのバッチクエリーとTableau Serverを連携させます。

Tableau Serverは,Tableau Desktopで作成したレポートをServer上にパブリッシュすることで,閲覧者はPCやTablet などのあらゆるデバイスからアクセスすることを可能にするツールです。

Tableau Serverは,自身のサーバー上に「Data Source」というオブジェクトをもっており,定型のレポートに対しては,このData Sourceを更新することでレポートへ自動反映することが可能です。

つまり,一度Tableau Desktopでレポートのテンプレートを作ってパブリッシュしておけば,後はTableau Desktopを介さずにレポートの自動更新が可能になるのです。

Treasure Data Serviceでは,前述のGoogle Spreadsheetと同じように,Result Push先に Tableau Serverを指定しておくことが可能です。以下に手順を見ていきましょう。

手順1:クエリーを記述します。

手順2:「Result Export」から「Tableau Server」を選択します。

手順3:Tableau Serverの接続情報を記述します。

手順4:次に「Schedule」よりクエリーを実行するインターバル(@daily,@hourly,またはcronライクな記述)を設定します。

手順5:最後に「Save and Schedule」を押すと,クエリーの登録が完了します。

手順6:登録したクエリーは「Queries」タブより確認できます。

以後は,Tableau Server上のレポートが自動更新されていきます。これが,Treasure Data Serviceの「Result Push」機能です。

Salesforce

さらに,直近のアップデートで,Treasure Data ServiceはSalesforceへのResult Push機能が追加されました。